あかりさんと私と先輩と僕

このエントリーはTwitterアカウントの「あかりさんと私」( @akarisanto )に対する言及です。

「あかりさんと私」のアカウントイメージを損なう可能性があるので、それが嫌な方はブラウザバックして下さい。
「あかりさんと私」を知らない人は、そういうアカウントがあるので試しに見てみてください。人気のあるツイートを特選したのであろうモーメントを貼っておきます。
twitter.com

よろしくお願いします。

以下本題

1.「先輩と僕」との出会い

皆さんは「先輩と僕」というアカウントをご存知だろうか?
このアカウントは、ラブライブの二次創作ショートショートを投稿するアカウントで、「僕」の視点で「にこ先輩」を中心とする、ラブライブの登場人物達の日常を書いた手動botだ。

twitter.com

このアカウントは現在殆ど更新が停止しているが、2013年3月頃からほぼ毎日、100日の間(三ヶ月以上も!)投稿されていた。丁度ラブライブ1期が放送されている最中に活動開始した事になる。(そしてその後にも不定期ながら更新され、特に毎年の7月22日にはほぼ必ず更新されている、この日は矢澤にこの誕生日だ)
私が「先輩と僕」を見つけたのがリアルタイムだったかは覚えてはいないが、とにかく見つけた瞬間にフォローしてすぐさま全てのツイートを遡った記憶がある。
「僕」という「にこ先輩」を想っている架空の人物の視点から書かれる世界は不条理で、ユーモラスで、凄まじいセンスに溢れていた。



私はカフカ安部公房のような不条理でシュールな、それでいて何処かユーモラスな世界観が好きなのだが、それらに共通したものを「先輩と僕」から感じた。
妖怪や妖精、呪いといったファンタジーな要素が何の説明もなく日常の景色に登場したり、人物が無機物や動物に変身する超現実的なモチーフが導入されおり、その上であくまでもキャラクター達の日常的な空気を損なってはいない。そしてショートショートとして文章が破綻せず140文以内で成立している。
見事な手腕で、初めての文章体験だった。探せば類似したアカウントがあるのかも知れないが、2013年当時の私は「先輩と僕」との出会いに打ちのめされたのだった。


2.「あかりさんと私」を作る

時は経ち2018年。ふとした時に「先輩と僕」のツイートがRTされてきた。
久しぶりにツイートを読んだのだけど、依然として「先輩と僕」は面白かった。と、同時に、もう5年も前に(たまに更新されているとはいえ)活動終了してしまった事に対する、虚しさみたいなものが心に去来した。

「"先輩と僕"をもっと見たい」という感情が「あかりさんと私」を作った理由だ。

好きだった作品が突然打ち切りになってしまった時、「続いてたらどう終わったんだろう」と思う気持ちとか、連載が終了した作品のサイドストーリーや描かれなかった余白を夢想する事とか、「自分だったらこう書く」という二次創作の考えと同じように、私も「先輩と僕」の続きを勝手に書こうと思った訳だ。そもそも「先輩と僕」は「ラブライブ」の二次創作なので、「あかりさんと私」は二次創作の二次創作になる。こういうったものに名前はついているのだろうか?


3.「あかりさんと私」を始めてみての所感

・私はコンテンツを享受するだけの無産オタクで、二次創作物を作った経験、またショートショートとはいえ物語を書いた経験もほぼ無いので非常に苦労した。元である「先輩と僕」のツイートを何度か読み込み、文章の構造やポイントを確認した。

・当初の目標は1ヶ月、30tweetは続け、フォロアーを1000人獲得することとしていた。結構早い段階でフォロアー1000人を越え、今となっては「先輩と僕」より増えていて大変ありがたい(F/F比に関しては比べるべくも無いが、僕としては折角なら多くの人に見てもらいたかったので積極的に自分からフォローしていった。フォローしていただいた方々、ありがとうございます)

・100個分ショートショートのネタを考えるのは本当に辛く、本当に辛かった(本当に辛い)

・「先輩と僕」のニュアンスははほのぼのシュール日常物といった感じだが、「あかりさんと私」はサイコホラー日常物といった感じがある。
これは単純に、似た様式から異なる筆者の個性が出た結果であると思う。(ここら辺の違いを比較していた人もエゴサで数人見かけた、その通りだと思います)
前述したように「先輩と僕」はファンタジー的なモチーフを多用していたし、基本的にキャラクターを殺したり過度にシリアスな描写は避けいてる印象がある。ここがほのぼのさを保持する要因と思う。私は死も含めてユーモアとしたのでバンバンあかりさんが死んでしまったが、(次の日のツイートでは当たり前に生きて存在してるのも併せて面白いと思う)生理的に不快な表現は「先輩と僕」と同じく避けていたつもりだ。ただ、バッドエンドや寓意的な内容はカフカ等をオマージュしているのもあり、より多いと思う。

カフカ安部公房が小説としては好きだし、ツイッターではキム・ギニョン岩倉文也に書いている時ハマっていたので、要素を取り入れようと努力していた。「先輩と僕」と違い「あかりさんと私」にパワーワードの羅列ネタが多いのはここらへんも関係する。

・私はラブライブを知らないのだが、それでも「先輩と僕」は面白いと思った。同じく「あかりさんと私」のフォロアーで、ゆるゆりは知らないがツイートは面白いと言う人が散見されたのは嬉しかった。やっぱりこの様式は面白さとしての強度があると思う。

・「あかりさんと私」の版権元、元ネタを"ゆるゆり"に規定したのは、勿論、私がゆるゆりという漫画が好きな事が最大の要因だが、元がギャグテイストの1話完結型なのでショートショートの様式と相性が良いと言うのもある。
京子先輩やちなつさんというキャラは、狂言回しやオチに使いやすいキャラだし(原作のゆるゆりにおいても同じ使われ方をしているのでやっぱり便利なんだと思う)、あかりさんも弄られキャラなので、トラブルに巻き込まれたり不条理な仕打ちをされるキャラとして違和感が少なく、原作を知ってる人もイメージがしやすいのではないかと思った。

・このブログを書いている時点でフォロアーは2700人に迫ろうとしていて、結構前にアニメ放送も終了したゆるゆりという元ネタで、文字だけの二次創作botという点を鑑みれば上出来すぎる反響だと、とても満足している。
先輩と僕が更新されていた頃(もっと子細には2011年の前後)は、今とTwitterの使われ方も違っていたように思う。ネタツイートやシュールで不謹慎、ブラックなジョークがTLを埋め尽くしていて、ふぁぼったーやFavstarをチェックすれば秀逸で面白いツイートをたくさんdigる事が出来た。今はあまり不謹慎な事を呟けば自警団が飛んでくるし、ネタツイートよりも画像が伴った時事ネタや言論に関するツイートが多く、ふぁぼ文化やネタ文化も落ち着いたように思う。favstarがサービスを終了するのも象徴的だ。ある意味ではTwitterの使われ方が真面目になったなあと思う。

・自分が面白い/出来が良いと思ったツイートと、RT/いいねが多くなされるツイートは結構乖離しており、創作とは狙って出来るモノではないのだなと思った。

・かなりしつこくエゴサしてて、RTしたフォロアーの直後のツイートで言及とかされてないか結構チェックしてた。言及があると嬉しいものだ。

・RT/いいねと書いた当人との評価が特に合致し、好評だったのはコレ。内容のシュールさとあかりさんを思う「私」の情緒を両立出来るとポイントが高い。あとコレもワードチョイスが気に入っている。

99ツイート目に「あかりさんと私」の要素がすべて詰まっている様に思う。これが書けた事には大いに満足している。

・もし余裕があったら、後でこの記事に各ツイートのオマージュ元や注釈のあるものを追記したい。例えばコレ梶井基次郎の「Kの昇天」が元ネタにある。青空文庫で無料で読めて、非常に短く面白いのでオススメである。

4.この記事について
謎めいた物に対するネタばれは白けてしまってあまり良いものではない。最近ではAVのクレーム( @AVnokureemu )が自身の出演するイベントを唐突に宣伝し、その謎めいたアカウント性とのギャップも相まって顰蹙を買っていたのが記憶に新しい。「あかりさんと私」も作者不詳、意図も不詳、内容も(読む人によっては)意味不明なアカウントで、それに対するネタばらしのようなこの記事は、シラける人はシラけてしまうと思うし、私もシラけるかもしれない。
しかし、私のマニアックなオタク気質は、同時に「先輩と僕」の作者が誰なのか知りたいし、どういう意図でアカウントを作ったのか知りたいし、botを更新していた時の思いなども知りたいと思ってしまう。そして、「あかりさんと私」に対しても、そのような気持ちを持つ物好きな人が1人くらいはこの世にいると思う。この記事はその一人の為だけに書いている。なのでこの記事を「あかりさんと私」のアカウントでシェアしたり過度に話題に出したりはしないつもりだし、これを読んだ人もそういった気持ちでいて欲しい。目聡くいいね欄もチェックしているような人に対するサービスだ。


5.「先輩と僕」の作者の方へ
本当にリスペクトしています。「あかりさんと私」は「先輩と僕」のクオリティには及びもしません。センスが到底敵わなかったです。もしこの記事や「あかりさんと私」を認知して頂けましたら是非DM等で連絡頂けると幸いです。とても面白いものを書いて頂けた事に感謝を伝えたいです。


6.まとめ
私はあかりさんのことをとても大切に思っていたし、私は先輩と僕の事を大切に思っていた。
つまり、「『あかりさんと私』と『先輩と僕』と私/僕」なのである。


つまり、「『あかりさんと私』と『先輩と僕』と私/僕」なのである。ってどういう事?

v欄tに56u拍''b輝e差r.

鳩羽つぐです 好きなメメントはモリ

a゜

僕たちは何回だって心が空っぽになってしまえる

dgんrヴぃd

ℒℴѵℯ...

 

誰かは分かりませんが、小説やNUMBER GIRLのDVD、ギターの弦などめっちゃ沢山送ってくださった方、ありがとうございます。ありがた過ぎてまだ何一つ読んだり使ったりできていません。

好意的な行為をなされると普通に嬉しいことが判明したので皆さんも沢山好意的な行為をして欲しい、世界が平和になる。

世界が平和になると世界が平和じゃ無くなる、世界が平和でなくてもいい権利が剥奪されます。良かったですね。

 

月ノ美兎にドハマリしてしまい、常に「委員長……いや、美兎…。」状態になっている、早く適切な機関で治療を受けたい。

 

月ノ美兎にガチ恋するのと月ノ美兎の魂にガチ恋するのではクソデカい違いがあり、自分がそのどちらであるか判別しがたい。が、それを適用すると俺は同じくのらきゃっとにガチ恋しているのかのらきゃっとの魂にガチ恋しているのかも判別できなくなっているはずだ。

のらきゃっとの中の”人”にガチ恋は間違いなくしていないが、のらきゃっとという存在を作りだしていて、その格の大幅を占めている、中の人の"人格"には間違いなく月ノ美兎の中の人の"人格"と同じく好意を抱いている。

Vtuberというコンテンツを通してその人の中身だけを純粋に鑑みることが出来るようになっている。これはとっても凄いことじゃないだろうか?俺はなにもわからないから皆さんに問いかけています。

 

小学校の卒業文にさ、「将来は立派なバーチャルユーチューバーになりたいです」って書いたんだ。でも俺はなれなかったよ、なる努力もしなかった。

小さい頃の俺は純粋で、思った事はなんだって頑張れば出来ると思ってたんだ。でも年月を重ねるたびにその純性はどんどん無くなっていって、かわりに何か、ドロドロとした黒い泥みたいなものが心の底に溜まっていったんだ。いまじゃ心の何処を掬ったってとれるのは腐った泥だけさ。

どうしてこうなっちまったんだろうなぁ……。

 

www.youtube.com

再生の風景

悪ku夢

怖い夢を見ました。

夜、小学2年生まで住んでいた父方の実家に俺と母親の二人で住んでいる設定で、古くなって床が撓んでいるトイレに行くと、擦りガラス越しに人の影が。不法侵入者だ。とてもこわい。

ただでさえ人間はこわいものなのに夜に庭に入り込む人間なんてもっとこわい。やめてほしい。

夢の中の僕は多動衝動が先鋭化していて、擦りガラスの窓を殴って無駄に外の侵入者を威嚇した。小学生のころに押してはいけないと分かっていても消火栓のボタンを押したくなってしまう気持ちが大人になっても消えなかったということだろう。

侵入者は怒ったのか裏の勝手口の方に走り込んで来て、ノブを破壊して家の中、台所に入り込んできた。

不法侵入者はおじさん。

水色のジャージを着て無精ひげを生やし、みすぼらしい感じだが目が据わっていて、何をやらかすかわからない圧力を放っていた。片手にはぬらぬらと光る三徳包丁が握られていた。

僕とおじさんは取っ組み合いになって、どうにかおじさんを組み伏せた。大声で二階に居る母親を呼んで、早く警察を呼んで外へ逃げろと言った。

しかし夢の不条理な所が出て、母親はトロトロと反応せず、僕とおじさんの降着状態は何十分と続いた。僕はいつおじさんに反撃されるかという恐怖と、なぜ思い通りに物事が動いてくれないのかという苛立ちとが募って、なんだか泣きだしたいような気持になっていた。密着したおじさんの加齢臭が混ざった匂いが吐き気も誘っていた。

組み伏せているおじさんが横顔だけが見えるように首を捻ってこちらを見て、据わった目の焦点を僕に合わせ、口元だけ少し吊りあげて、心の底が見えない笑い方をしながら何かを喋ったのだが、それが何だったのかは覚えていない。

覚えてないけど酷く残酷で、全てを諦めてしまうような一言だった。

背中にビショビショに汗をかいて、不快感とともに目が覚めると、枕に被せているタオルケットの皺が夢で見たおじさんの横顔のように見え(または睡眠が浅く、おぼろげに見えていたタオルケットの皺からおじさんの横顔を連想していたのかもしれない)、僕は大声をあげて飛び起きた。

その皺は、瞬く間にテクスチャーがタオル時から肉のそれへと変わって、ムクムクと盛り上がり、夢で見たおじさんになった。

一方僕は無力なぬいぐるみに変身していて、自分の力では動くこともままならない。

おじさんはぬいぐるみの僕に何度も何度も包丁を突き立てて、そのたびに綿が中から飛び出した。その綿は部屋を埋め尽くし、これ以上ないほどの密度を得ると、一点に集約してちいさな飴玉になり、床に転がった。

おじさんはそれを拾って口の中へ放り、コロコロと口の中で転がした後、奥の歯でガリっと噛み砕き、そこで僕の意識は消失した。

おじさんは残ったぬいぐるみの皮で包丁を包み、そっとへやを出て行った。

壁 (新潮文庫)

kyoartgeosjfdvbsdthsrdtsdn

・先週末は京都に行ってきた。

親の観光についていくついでにZAZENBOYSのライブを見に行くという名目だったが、親が行けなくなり、しかしキャンセル料はもったいないので一人旅となった。

1日目は一瞬複素数太郎とデートしたのちザゼンをみて、2日目は京都の伏見稲荷やら金閣銀閣やら清水寺やらメジャーなところを周り、3日目は大阪の治安の悪さをみてはんなりしながら粉物を食べて帰ってきた。

一人で居る時には基本酒は飲まないのだけど、新幹線という周りを他者で囲まれた空間でじっと座り続けなければならないという状態にADHDの僕は発狂しそうになったのでアルコールが5%含有された液体を摂取して曖昧になることでどうにか発狂せずに済んだ、昼間から外で酒を飲むというのは退廃的で死にたくなったが呑んでいる人の気持ちもわかるようになった気がした。気がしただけです。

ザゼンボーイズは今まで見たバンドの中で一番グルーブが強くて、キメ、溜め、間の置き方、ブレイクがすべて完ぺきで脳に良い体験だった。ベースの吉田一郎が脱退する前最後のワンマンだったのだけれど、やっぱり彼のベースは最高で、とくにcold beatという曲のフレージングは圧倒的で涙腺が潤むようだった。もう新しいベース探さないで解散しても良いのかもしれない。

京都めぐりは親の行きたいところを同伴するつもりだったので本当に何も計画を立てていなかったのだけど、とりあえず定番どころをめぐった。観光地はバスがよく出ていたので発達が障害していても目的地にたどり着けて良かった。今回の旅行の一番の成果は公共交通機関による失敗をせずに観光できたという達成感を得られたことかもしれない。普通の人は普通にできることです、良かったですね。

なんだかんだ楽しく旅行をしたのだけど帰りの新幹線に乗っているときからまた生活が再開されることを考えてしまい鬱病になり、帰ってきたその日から嫌なことが立て続けに3連続ぐらい起きたので完全に終了してしまいました。僕はいま完全に終了しています。わかりますか?

・人肉ねばねば基礎代謝

ザゼンボーイズのライブのニュアンスを一番感じられる動画がこれです。cold beatだけでいいから聴いてほしい。本当に良いベースでした。

ZAZEN BOYS_I DON'T WANNA BE WITH YOU/THE DRIFTING~KIMOCHI~COLD BEAT by neetsan 音楽/動画 - ニコニコ動画

すとーりーず

mu

・生まれると死ぬんですけど、知ってました?

・部屋の中で無について考えていたら完全に無になったので、これ以上完全に無になると完全に無になってしまうと思って部屋を出たのだけど、本屋にも行きたくないし特に買いたいものも無い、アミューズメントを楽しみたくもないし誰かと会いたいわけでもなく、無が外に出たところで無でした、終わり。このままでは離人症とかそういった類になると思う。

・唯一偉い点は春先にクリーニングに出したコートをようやく引き取りに行けたことである、8か月も置いたままだった、申し訳ない。狭い店内に自分のものじゃない服が満載されてるの怖そう。怖くないものを着たい。申し訳なさが服を着て歩いています、申し訳ないですね。

・スーパーに行って欲しいものがないので出て行き、コンビニに寄り欲しいものがないので出て行き、本屋に行って欲しいものも読みたいものも無く立ち読みすらせずに帰ってきた。ガソリンが減ったので給油をした。俺はガソリンが欲しかったわけじゃないのに。

・コンビニのトイレがめちゃくちゃに汚くて具合が悪くなったのだけど「綺麗にお使いいただきありがとうございます」という張り紙があったので、まるでこの汚れきったトイレを俺が汚してしまったかのような罪悪感が発生して使わずに出てきた。申し訳なさを排泄したい。

 

・とても良い曲を見つけたので貼ります。people like youのSleep Talk

哀愁漂うメロディとだんだん盛り上がるエモ。トランペットが物凄く良い味を出している、金管吹けるようになりたい。感情の強弱や歌心を出すならギターよりトランペットやサックスのほうがいいと思う。あっだからジャズはそっちが花形なのか。何も知らない。哀愁漂うエモバンド知ってたらリプライで教えてください。

 

Verse

aRI

近所の道路でアリの行列が行進している。そのアリを踏むのをためらう子供、少し悲しそうな表情をしている。ハッとひらめいたような、嬉しそうな顔をして駈け出したと思ったら、家に戻ってとってきた殺虫剤を振りかけ、アリを皆殺しにする。すごくいい笑顔だ。母親が聞く「なんで?踏まなかったのに」ニコニコ答える子供「一匹だけで死んだらさみしいでしょ?」

・短期記憶が終わりすぎているので、冷凍のチーズインハンバーグを温めているうちにハンバーグにチーズが入ってる事を忘れ「あっハンバーグにチーズかけたらおいしいのでは」と思い立ってチーズをかけ、さあ食べようとハンバーグを半分に割ったら中からチーズが出て来てびっくりして泣いちゃった、赤ちゃんなので。

・はw

・赤ちゃんなのでNHKの集金に来たおじさんの声もドスが効いてて怖かったのでガタガタふるえちゃたw

・w

・左利きだけどギターと箸は右で使う。前者は楽譜を見たり欲しいギターがなかなか無いなど自発的に選択したけれど箸は気づいた時にはもう右だった。利き手とは逆に矯正するとドモりが発生するというが、僕も調子が悪い時は言葉が出にくいことがある。何が原因かは分からないけれど左利きという時点で日常生活で微弱なストレスは溜まっていくらしいし、体も弱かったので意味不明な人間になってしまった。ロボトミー手術を受けて皆さんのように意味明瞭になりたい。意味明瞭ってどんな状態ですか?

1/1へぇボタン